日本マインドフルネス普及協会とは・・・

新着情報

本会は、一般社会へのマインドフルネス(マインドフルネス瞑想)の幅広い普及を目的として発足しました。

​マインドフルネスというのは、ひとことでいうと
「今ここに対する適切な気づき」です。

「今ここに対する適切な気づき」があれば、私達はストレスにどっぷり飲み込まれず、
心を整えて落ち着いて現実に対処していくことができるようになります。

 

ストレスや不安、緊張が高まっている現代社会の中で、わたしたちが心身ともに健やかに、
幸せでクリエイティブな人生を生きるために、
マインドフルネス瞑想は大きな力を与えてくれます。

 

欧米諸国を中心としたビジネス、教育、精神医療領域などでは既にマインドフルネス瞑想が様々な手法に体系化されて
取り入れられ、大きな成果を挙げています。

 

本会では、それらの手法を取り入れながらも
専門家の視点で研究し、より日本社会にマッチしたマインドフルネス手法を考案し、より多くの人々に活用していただくことを目指しています。

 

マインドフルネス瞑想のルーツは、
ブッダが示した「仏教心理学(哲学)」および
ヨーガ哲学(ヨーガスートラ)などインド哲学にあります。

日本社会の根底には、仏教の思想や道徳が息づいており、華道・書道・茶道などを代表とする禅文化の伝統も日常生活に溶け込んでいます。
また近年、ヨガの愛好者も増えています。

 そのため欧米のマインドフルネス・メソッドのように
ブッダやインド哲学の教え・理論を排除しなくても
より深く効果的にマインドフルネスを実践・活用できる土壌を有しているのです。

 本会ではこうした日本独自の素晴らしい文化的背景に
マッチしたマインドフルネス・メソッドの研究・開発および普及を行っています。
また精神科医、臨床心理士によるマインドフルネス効果を
高めるための心と体の医学的健康法も合わせてお伝えします。


 

わたしたちがより健やかで平和で、幸福な日常生活を送るためマインドフルネス・プログラムおよび情報の提供をワークショップ、実践講座などにて継続的に実施しています。
 

マインドフルネスにご興味、関心がある方はぜひ気軽にご参加ください。

連載タイトルは「こちらメンタル産業医相談室」

​代表理事の奥田弘美が産業医・精神科医としてホットな話題を執筆。
1回目2回目はマインドフルネス瞑想について詳しく解説しています。

Please reload

注1)本会の提案するマインドフルネス・プログラムおよび情報は、
うつ病などの精神疾患および慢性疼痛などの身体疾患の傷病治癒や
症状緩和を目的とするものではありません。
通院中の方は主治医にご相談の上、許可が出た方のみご活用ください。

注2)本会はマインドフルネスの源泉であるブッダの教えを取り入れたプログラムを提案していますが、仏教など特定の宗教を勧めるものでは一切ありません。
個人の宗教・信条に関わることありませんので、ご安心ください。

Copyright (C)  2016 日本マインドフルネス普及協会  all rights reserved

奥田弘美